介護老人福祉施設あいあい桜ヶ丘 広島県府中市桜が丘3-2-1

お気軽にお問い合わせください!

入所(入所療養介護)

介護老人保健施設は、病状が安定し、治療や入院の必要はないが、医学的管理のもとで看護・介護などのケアが必要な方が要介護認定を受け、入所する施設です。

利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら生活機能の維持・向上を目指し、医師、看護職、介護職、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、栄養士、介護支援専門員(ケアマネージャー)、支援相談員など、様々な職種が一丸となって総合的に援助します。

また家族や地域の人々・機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。


利用対象者

・要介護1〜5の認定を受けられた方
・入院治療終了後、脳血管障害や骨関節疾患などにより、回復後の生活に向けたリハビリが必要な方
・家庭で生活をされている方で、心身の機能が低下した方(廃用性症候群など)でリハビリが必要な方


ご利用までの流れ

①相談
当施設までお電話下さい。面談の日時等を調整いたします。

TEL:0847-40-1560
【担当:岡・小川】



②面談
ご家族に弊施設まで来所していただき、ご利用希望の内容やご本人の状態等をお伺いします。
※施設見学と申込書類の説明・記入を行ないます。
③事前面接
施設スタッフがご本人様の所へ行き、状態の聞取りを行います。
※ご家族の同席があれば契約書の説明を行います。
④判定会
入所可否の判定を医師をはじめ、各専門職から成り立つ委員にて判定を行います。
⑤準備
入所に伴い、契約を行います。またご用意頂く物の説明と準備を行って頂きます。
⑥入所
基本はご家族の送迎で入所して頂くようになります。
※ご家族での送迎が難しい場合は施設相談員へご相談ください。

ご利用料金

詳しくは、料金表をご覧ください。
→ 入所利用料金表はこちら


所定疾患施設療養加算

算定要綱
注1 別に厚生労働大臣が定める基準に適合する介護老人保健施設において、別に厚生労働大臣が定める入所者に対し、投薬・検査・注射・処置を行った場合に算定する。
注2 同一の入所者について1月に1回で、連続する7日を限度として算定する。
注3 緊急時施設療養費を算定した場合は算定できない。

厚生労働省が定める基準
注1 診断・診断日・実施した投薬・検査・注射・処置の内容等を診療録に記載する事。
注2 算定開始年度の翌年度以降において当該施設の前年度における該当入所者に対する投薬、注射、処置等の実施状況を公表していること。
注3 肺炎、尿路感染、帯状疱疹の者(抗ウイルス剤の点滴注射を必要とするもの)
注4 算定開始月より月またぎになった場合は、算定月7日間・次月7日間の算定が可能である。

所定疾患施設療養費【平成27年】
所定疾患施設療養費【平成28年】
所定疾患施設療養費【平成29年】

お気軽にお問い合わせください!